ドッグフードの原材料と犬種別の対応

ドライフードはダニに注意

ドライのドッグフードは、多くの愛犬家にとって必需品です。
コスパと利便性に優れ種類も豊富な欠点ナシの商品ですが、保存方法を間違えるとダニが発生してしまう場合があります。
繁殖すると犬に健康被害をもたらす事もあります。

愛犬をダニの被害から守るため、ドッグフードを保管する際の注意点は2つ。

1 ドッグフード開封後は早めに食べ切る
2 できるだけ密閉して低温低湿度で保管する

また、ドッグフードを選ぶ際に気をつけたいのは、次の2点。

3 正規輸入品である事を確認する
4 小麦粉が含まれているかチェックする

それぞれについて、詳しくみていきます。

ドッグフード開封後は早めに食べ切る

犬のダニと聞くと、散歩中に飛び付いて血を吸うマダニを連想しますが、ドッグフードに発生するのは主にコナダニです。
コナダニは、ドッグフードだけでなく小麦粉等の粉類や畳にも発生し、条件がそろえばどんどん卵を産んで大繁殖します。
マダニが体長3~4mmで茶色系なのに対して、コナダニは0.3 ~0.5mmで白色なので、少数の間に発見して駆除するのは困難です。
コナダニが侵入する前に早く消費しきる事が、一番の対策になります。
東京都福祉保健局の公表データによると、薄力粉やミックス粉でダニを培養すると、3週間で100~200匹、6週間で150~600匹に増殖します。
賞味期限内でフード自体が美味しい状態であっても、ダニが1匹でも侵入すると、あっという間にダニ入りフードになってしまいます。
ドッグフードはまとめて買う方が手間が少なく安くなりますが、開封後1ヶ月を目安に食べ切れる量を購入すると良いでしょう。
特に食べる量が少ない小型犬等は、少量ずつ分包化されている物が便利です。
商品Aは、325gずつ袋詰めされ、1日に50g食べる犬なら1週間で1袋を食べ切れます。
8袋(2.6kg)入りと4袋(1.3kg)入りがあるので、食事量に合わせて選べます。

できるだけ密閉して低温低湿度で保管する

ドッグフードの開封後に、ダニが入らない様にするため、できるだけ密閉します。
コナダニは小さいので、折り曲げたり輪ゴムやクリップで封をしたりしても、口から侵入してしまいます。
フードの袋ごと、又は小分けしてジッパー付きのビニール袋に入れ替えて、大きなタッパーや米びつの様な容器に入れると侵入を防げます。
商品Bの様に、700g入りでジッパー付きの袋に入った物なら、移し替える必要もなく便利です。
保管場所は、高温多湿を避け、清潔に保ちます。
ダニにとって気温25~30℃、湿度60~80%が快適なので、この環境にならない様な場所が適しています。
梅雨から夏にかけては特に繁殖しやすくなるので、冷蔵庫に入れて1回分ずつ取り出すか、密閉容器に乾燥剤と一緒に入れると良いでしょう。
また、保管場所に小麦粉やフードのかす、カビなどがあると、それをエサとしてコナダニが繁殖して、フードの袋内に侵入します。
保管場所は、掃除機などで丁寧にゴミを吸い取り、ダニのエサを残さない様にします。
コナダニは50℃以上で死ぬので、容器の熱湯消毒は効果的です。
万一食品の袋の中にコナダニを発見したら、それ以上増殖する前に迷わず廃棄して下さい。

正規輸入品である事を確認する

アメリカやカナダ産など、国産以外のフードを購入する際は、並行輸入品を避けた方が良いです。
並行輸入品は、船で輸入されますが、温度や湿度の管理が適切でない環境に長期間置かれる事になります。
アメリカで製造された時に素晴らしいフードでも、輸入中に劣化している可能性があります。
その点正規輸入品は、メーカーが輸送状態もしっかり管理しているので安心です。
さらに、日本向けのフードは、日本の気候に合わせて製造される事も多いです。
高温多湿な日本で品質を保って保管できる様に、外袋をアルミパウチにする、防腐加工をする、フード自体の水分を減らす、等々色々工夫されています。
輸送と梱包に手間がかかっている分、正規輸入品の方が販売価格は高くなります。
値段だけ見て安いドッグフードを買うと、開封後カビが生えやすかったり、すぐにニオイが悪くなったりする事があります。
そうなるとコナダニも発生しやすいので、並行輸入品は慎重に購入して下さい。
例えば商品Cは、amazon内で並行輸入品と正規輸入品の両方が売られています。
正規輸入品には日本語で「アレルギー対応食」等の表示がありますが、並行輸入品には日本語の表示はなく、パッケージも異なります。
色々な規格の物があり、いずれも並行輸入品の方が安いのですが、正規輸入品ではない事を分かった上で選んで下さい。

小麦粉が含まれているかチェックする

購入後にコナダニを繁殖させなくても、ドッグフードの原料の小麦粉にダニがいた可能性があります。
原料にコナダニがいても、加熱した時点で死滅するので、フードにコナダニがいる訳ではないので問題ありません。
ただし、ダニアレルギーの犬は、話が違います。
ダニがアレルゲンの犬は、ダニの死骸やフンを食べでもアレルギー反応を起こします。
一度ダニでアレルギー反応が起こると、その後は少しのダニを食べても、眼や口の周りが赤くなったり耳やお腹をかゆがったり、かわいそうな症状が出てしまいます。
小麦粉入りのフードでアレルギーが出る犬は小麦アレルギーの場合が多いですが、古いフードを食べて急にアレルギー症状が出た場合には、ダニアレルギーの可能性もあります。
どちらの場合も、原材料として小麦粉が使われているか、パッケージの表示を確認してから購入して下さい。
ドライのドッグフードの中には小麦粉を全く使わないグレインフリーの物もあるので、アレルギーが心配でドッグフードを与えるのをあきらめていた飼い主さんも、一度試してみても良いでしょう。
例えば「100%無添加」の商品Dは、厳しい基準で栽培された、犬のお腹に優しい原材料のみを使用しています。
アレルゲンになりやすい小麦・大豆・トウモロコシ等を使わず、人工添加物を加えずに作られているので、アレルギー持ちの犬でも安心です。

環境省の「飼い主のためのペットフード・ガイド」に、ドライフードは、直射日光を避け温度変化の少ない所で保存、開封後は袋の口をしっかり閉じて温度や湿度の低い所で保存し、なるべく早く使い切る様にと書かれています。
手軽で便利なドライフードですが、保存状態によってはダニが発生するので、保管場所に注意して、安全に利用して下さい。